Tajiri90.com

パソコン教室

 Personal Computer(パーソナル・コンピューター)を略して、パソコンと言います。「パーソナル」というのはもちろん「個人の」という意味ですが、日本では、ビジネスからコンピュータの利用が浸透してきた経緯(いきさつ)があります。ここでは個人が使う文具としてのコンピュータを考えたいと思っています。本格的にパソコンを学びたい方には、出張のできるパソコン教室、パソコン教室のエフセブン(TEL: 0857-72-1305)をお勧めします。

一つの重要なテーマ…音楽とパソコン

 楽譜は「案内地図」のようなものです。料理で言えば「レシピ」にあたるものです。CDはラジオやテレビと同じような「メディア」であり、コピーでしかありません。絵画に例えれば「作品集」にあたります。

 楽譜もCDも、音楽そのものではありません。ところが、人々には、これらの「レシピ」や「作品集」をも〈生の音楽〉同様に音楽だという認識があります。それは、この「レシピ」や「作品集」が〈生の音楽〉と同じような楽しみを人々に与えているからでしょう。これは、過去のアーティストたちが、〈生の音楽〉の芸術性を忠実に再現できるように慎重に「レシピ」や「作品集」を作り、残してきたおかげです。

 現代ではご存知のように「レシピ」や「作品集」を作るためにパソコンが役立っています。さらに様々な場面でパソコンは役に立つ道具になっています。また、パソコンの利用を通じて、タブレットで楽譜を見たり、音楽を聞くことは、最近は珍しくありません。

インターネット

 インターネットに関する問題は、社会が抱えている問題と共通しています。インターネットは、出現当初は単なるメディアでしたし、近年ではインフラとして整備されてきました。ここに人々の社会行動と思想がどっと流れ込んでいるのが現時点でのインターネットです。

マックユーザー

 2016年2月18日の日記。Appleのコンピューターを使うようになって、Windowsに触らない日が特に最近は増えました。もちろん仕事ではWindowsも扱うわけですが、普段の業務や、日常では使う必要がないので、今日も触ってない。ちょっとネットを見るだけなら、iPad Proがあるし、SIMの入ったAndroidタブレットがあるわけです。文書作成も、Officeソフトは使いません。Pagesの方が簡単です。縦書きができないけど、縦書きが必要な場面も滅多にありませんし。メールに添付されたワード文書、エクセル文書を見る程度のことは、今ではどのOSでも見えるわけです。Windowsはしょっちゅうトラブルを抱えているイメージがあります。不可解な現象もよく目にする。Windowsだけを使っていた頃は、Windowsが、っていうより、パソコンってこんなもんだという「あきらめ」の意識がどこかにあったように思う。それに気づかなかった。

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2016/2/26 23:16時点)

パソコンの資格

 情報処理技術者というと、かつて取得しようとしてなかなか取得できなかった資格でした。その中の初級システムアドミニストレーターと言う資格を持っています。また、パソコン整備士2級の資格を持っています。MS-DOSから、UNIX/Linux、WindowsもMacintoshもできる。なんでも対応できます。

 ワード、エクセル、パワーポイント、イラストレーター、フォトショップ、いろいろ、いろいろ。